2015年04月16日

会社・企業活動にとって、なぜ予防法務が大切なのか?

 予防法務とは、いろいろな定義があると思いますが、要は、法的トラブルが起きないように、または、起きても対処できるようにするための事前の法務対策のことです。

 この予防法務は、企業活動にとって不可欠ですが、大企業はともかく、中小零細企業では、その重要性は理解されていません。
 病気でもそうですが、問題が発生するまでは対策を取れないのが人間のようです。
 私が、自己紹介で弁護士であることを話すと、「なるべくお世話にならないようにします。」「困ったときは相談します。」「うちは、弁護士さんに相談するような問題はないですね」などと言われてしまいます。
 やはり、法務とはトラブルになったときの問題という理解が一般的なのでしょう。


 なぜ、企業活動にとって予防法務が大切なのでしょうか。
 例えば、債権回収の場面を考えてみます。

 取引先が代金を支払ってくれないという相談はよくあります。 取引先が支払ってくれない事情はいろいろとありますが、話し合いで解決が付かない場合は、訴訟を提起することになります。
  しかし、話をよく聞いてみると、契約書などの証拠が一切ないというケースは、本当によくあるのです。
  おそらく、契約書などなくても信頼でやっているから大丈夫、今までトラブルがなかったから大丈夫、契約書なんて面倒、契約書のために弁護士費用をかけるのは無駄、困ったら弁護士に相談すれば解決してくれる、という考えがあるのではないでしょうか。


 しかし、長い間商売をやっていれば大きなトラブルに出会う可能性は十分にあります。
そして、訴訟になったら、証拠が全てです。

 裁判官は、当事者ではありませんし、あくまで中立の立場です。当事者ではない裁判官は、事実を知っているわけではありませんので、証拠に基づいてしか判断出来ません。裁判官は、神様のように真実を見抜いて、裁いてくれることはないのです。

 契約書、申込書、注文書、注文請書、請求書、取引先とのメールなど取引内容を裏付ける証拠が全く存在せず、口頭だけで取引しているとしたら、どのように立証するのでしょうか?
 ケースによっては、客観的な証拠が無くても、証人尋問などで立証が可能なこともあるとは思いますが、かなり大変な立証活動になりますし、結果がどうなるかはやってみなければ分からないというということになってしまいます。

 
 もし、取引を開始する時点で、きちんと書類を残しておけば、状況は全然違います。
 取引先の言い分にもよりますが、場合によっては、契約書を証拠提出するだけで、勝訴してしまうこともありますし、そもそも、勝訴が見込めるなら、話し合いでスムーズに解決することも可能です。
 
 大切なことは、取引開始前の法務対策です。
事前の法務対策、予防法務がしっかりしているからこそ、トラブルになった時にスムーズに解決できるのです。予防法務を詳しく話せば、難しい話はいくらでもあるのも事実ですが、まずは、出来る範囲で、取引の書類を残すことからだけでも意識してもらえればと思います。
(もちろん、事前に対策が出来ないトラブルに巻き込まれることもありますので、そのときは、事後的に弁護士に相談するしかありません)

  


白土文也法律事務所は、遺言・相続などの個人の法律問題、中小企業・ベンチャー企業の法律問題を中心に取り扱っております。
調布・稲城・府中・狛江・三鷹など多摩地域・京王線沿線、世田谷区その他の東京23区、茨城県、神奈川、埼玉、千葉その他の関東各地からの法律相談を受け付けております。
※特に、出身地の水戸・ひたちなか市周辺へは出張相談も積極的に行ないます。
詳しくはこちらまで
http://www.shirato-law.com/
 
posted by bunya-shirato at 21:31| 企業法務