2015年10月29日

契約用語を正確に理解するのは難しい

1 契約用語と日常用語の違い

中小企業の場合、取引先との契約書を、弁護士にチェックしてもらうことなく、経営者自身がチェックしたり、社内の(特に法務部員ではない)担当者がチェックすることは多いと思います。

確かに、M&Aに関する契約書や英文契約書等でなく、通常の取引に関する契約書であれば、日本語ですし、目を通せば何となく理解できるように思えます。
  
しかし、契約用語は、日常用語よりも厳格に使われており、契約書を読んで分かったつもりになっていても、実は理解できていないのに署名捺印しているということも多いように思います。

実際、経営者や会社担当者から相談を受けると、契約用語を間違って理解しているということも度々です。



2 直ちに・速やかに・遅滞なく

例えば、これらの用語の違いについて日常会話で気にすることはないと思いますが、契約用語として用いるときは、異なった意味で扱われます。
 (これらの契約用語については、いろいろな場面で解説されているので、もはやご存知の方も多いかも知れません)

「契約用語の使い分け辞典」では、以下のとおり解説されています。


「いずれも「すぐに」という意味で用いられる副詞で時間的間隔を置かないこと(即時性)を表している点で共通するが、その程度には次のような差がある。
  「直ちに」は、時間的間隔を置かずに即座にの意。
  「遅滞なく」は、合理的理由に基づく遅延は許されるものの、時間的にすぐにの意。
  「速やかに」は、できるだけ速く、という意味での訓示的表現。」

  
このように異なった扱いがされています。
また、その時間的即時性の強弱については、「直ちに」が最も強く、「速やかに」、「遅滞なくの」順で弱くなっていくと解説されています。



3 契約書の作成・チェックは難しい

以上の通り、日常用語としては理解出来たとしても、その用語が契約書に用いられている場合、意味を正しく理解しているとは限りません。
むしろ、正確に理解しないまま、作成・チェックし、署名捺印していることが多いと思われます。


いつも思うことですが、軽い風邪ならともかく、病気を自分で治療できると思う方は少ないと思いますが、法律に関しては、日本語が読めるせいか、自分で対応できると思っている方が多い印象を受けます。

しかし、契約書の用語一つにしても、専門知識がないと、正しく対応することは難しいというのが実際です。

今日は、「直ちに」「速やかに」「遅滞なく」という契約用語を例にして、契約書作成やチェックの難しさについてお話致しました。



白土文也法律事務所は、遺言・相続などの個人の法律問題、中小企業・ベンチャー企業の法律問題を中心に取り扱っております。
調布・稲城・多摩・府中・狛江・三鷹など多摩地域・京王線京王相模原線沿線、世田谷区・杉並区その他の東京23区、川崎市その他の神奈川、埼玉、千葉、茨城県その他の関東各地からの法律相談を受け付けております。
※特に、出身地の水戸・ひたちなか市周辺へは出張相談も積極的に行ないます。
詳しくはこちらまで
http://www.shirato-law.com/







posted by bunya-shirato at 21:39| 契約

2015年09月30日

もう一つの組織内弁護士・公務員としての弁護士

前回、企業内弁護士の話をしましたが、法律事務所以外の組織に所属する弁護士としては、企業内弁護士の他に公務員としての弁護士もいます。多くは、2年間などの任期が決まっており、任期付公務員と呼ばれています。

任期付公務員としての弁護士は、中央省庁にもいますし、市役所など地方自治体にもいます。
企業内弁護士と同様、近年増加傾向にあり、日弁連の調査によれば、2005年5月時点で、60人でしたが、2014年6月時点では151人となっています。

2014年6月時点における主な所属先は以下の通りです。

中央省庁
 金融庁      18名
 消費者庁     14名
 国税庁      12名
 財務省      11名
 経済産業省    11名
 公正取引委員会   7名
 法務省       6名
 内閣府       5名
 総務省       4名
 外務省       4名
 特許庁       4名
 その他各省庁含めて、合計107名
 ※任期付公務員ではなく、常勤の公務員として勤務している弁護士の数は含まれていません。
 
地方自治体
 大阪府大阪市 3名
 兵庫県明石市 3名
 愛知県豊田市 2名
 その他各自治体含めて、合計44名

ちなみに、東京都の多摩地域では、町田市、国立市、国分寺市に各1名勤務しています。
また、私の事務所の所在地である東京都調布市でも、来年度から採用予定と聞いています。


このように、企業だけでなく、公的な機関においても、弁護士が勤務する時代になっています。

就職難の弁護士の受け皿になっているという話も聞きますが、ニーズがなければ就職先にはなりません。
いわゆる中央省庁が規制する事前規制の時代から、司法が解決する事後規制の時代になり、様々な組織で法律の専門家としての弁護士が必要とされるようになったことが大きな背景にあると思われます。




白土文也法律事務所は、遺言・相続などの個人の法律問題、中小企業・ベンチャー企業の法律問題を中心に取り扱っております。
調布・稲城・多摩・府中・狛江・三鷹など多摩地域・京王線京王相模原線沿線、世田谷区・杉並区その他の東京23区、川崎市その他の神奈川、埼玉、千葉、茨城県その他の関東各地からの法律相談を受け付けております。
※特に、出身地の水戸・ひたちなか市周辺へは出張相談も積極的に行ないます。
詳しくはこちらまで
http://www.shirato-law.com/








 
posted by bunya-shirato at 18:01| その他